2008年12月22日

進水式

だいぶ久しぶりの記事になったけど、釣りはしてます笑。
その間だいぶいろいろとあったけど、短縮すると意外とヒマすると思った浪人生活も何気に忙しく記事もアップできてない状態。

9月に届いたボートもなんとか2ヶ月後11月には完成。今回付け足した部分はフロントとリアにカーペット、魚探を取り付けるサイドポケット、ロッドホルダー用のプレート、ナビライト用のプレート、リアコーナーのスイッチパネル、アンカーとデッキライトなどなどと結構な量と取り付けに膨大な時間を費やしてしまった。なにせ一つの取り付けが終わると新たに必要なパーツが現れ、そして船のパーツ屋までの往復ですっかり店員には覚えられた。fune.JPGfune back.JPG

一応11月末にはボートも完成したけど、水に浮かべるまでずっと気になっていたエレキ。取り付けはしたけど、動くかどうかはまだこの時点では不明で、エンジンもまだ一回もかけてなかった。

緊張の一瞬は綺麗なエンジン音で消えた。エレキも好調、そして魚探もちゃんと底を移している、YES!これで2代目のYAMAHAになるけどやっぱり安心感が違う。
こうして軽く点検を終えたら経験した事のない妙な充実感が。

勿論、船を浮かべてじゃぁ帰ろうってなる訳がない笑。今回、このボートで初めて行くポイントはゴールドコースト北部のブロードウォーターに浮かぶソベリン島(Sovereign Island)。

ここでのメインはウォーターフロントなどの家から出ている桟橋や桟橋と桟橋の間のロックウォールなどに向かってキャストする釣り。実はこのポイントを数日前にブリスベン在住のY氏と釣行に出た時意外とトレバリー(特にメッキサイズ)が濃いのが分かってずっと気になっていた。

で、早速向かったのは島の南部でブリームのナブラは見るけどトレバリーの気配はなし。案の定掛かるのはブリーム。そこでポイントを徐々に北にずらすと、トレバリーの気配はあってもなかなか食ってこない状態。そんな時、桟橋の水面近くでなにかが泳いで見えたからキャストしたらヒット。以外な引きに焦って丁寧にやりとりしたら浮いてきたのはターポン!ルアーでは初めての魚種。tarpon.JPG

昔にスピットの桟橋でアジ狙いのサビキを夕方に垂らすと何物かにラインごと持っていかれ、意地になって切れない手作りサビキで出直してやっと釣れた魚がターポン。その時のターポンよりは小ぶりだけどワームで釣れたのは嬉しい。

その後クラブ島周辺でコチを狙ったら相棒に40cmクラスのコチがヒット。もう、産卵後だから、でかいメスは上流に戻っているみたい。ほとんどかかるのはこのサイズ。kochi.JPG

今回何気に期待していたトレバリー、マングローブジャックとコッドには出会えなかったけど、ターポンという予想外の魚がヒットしたのは今回の収穫。

次回は念願のサラトガ釣り。相棒にとっては初の淡水釣り、そしておれにとっては初のサラトガ!
posted by たかお at 18:14| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日はお疲れ様でした。

釣果はアレだったけど、楽しかったよ。

単独じゃなくてよかった。。。

釣ったのQフィシュじゃなくて、ターポン!?

ジャック共に興味のある魚だよ。

今度ガイドお願いしますわ。

Posted by YOSHI at 2008年12月23日 21:38
どうも、お疲れ様でした。
あの経験でマグロ攻略をしたくなったよ。
そうクイーンの前にターポン釣れた!なかなか面白い魚だったよ!ゴールドコースト来た際には。

Posted by たかお at 2008年12月25日 08:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。