2008年12月25日

サラトガ(Saratoga)

初のサラトガ釣りの場所はいろんな情報を元にボルンバダムに決定。ゴールドコーストから約3時間半のドライブ。船を牽引しながらだと4時間はかかる距離。
日帰りは難しいので今回はキャンプでの釣行になった。

朝起きるとゴールドコーストは雨。雨の中出発するというのも。きっと周りから見たらよっぽど釣りしたい奴に見えたはず。
昼過ぎには現地に到着して早速テントを張る。天候は幸運にも晴れていたので、相棒と早速ボルンバのサラトガに会いに!

タックルショップで仕入れた情報を元に最初のポイントに入るといい感じにティンバーとウィードが揃っている。あたりは静かで今にもトップに出てきそうな雰囲気だった。

数分経った頃、相棒にバスらしきアタリが。残念ながらフックアップは出来なかったけど、魚の存在に一気にテンションが上がる。その後、サミーを引いていたら岸際で小型のサラトガがヒット。勢いよく飛びだしたサラトガはそのままルアーを弾き飛ばして水に戻る。一瞬の出来事に興奮してしまって再度同じ場所へルアーを入れたらヒット!小型のサラトガでもジャンプで楽しませてくれる。CIMG4445.JPG

その後おれと相棒に何回かあたりはあったもののフックアップにはつながらずその日は終了したはずだった。
ボートランプでボートを回収しようと思ったらすっごい滑ってカメラを水の中に落としてしまった汗。。。

なので、後半戦は画像無しです笑。

次の日朝から相棒と今度はダムの支流を目指す事にした。
支流までの道のりはティンバーがあってあんまりスピードはでないけどぶつけるよりはいいと思ってトロトロと朝の景色を楽しみながら向かった。

辿り着いた支流はいかにも主が住んで居そうなポイントでリリーパッドというボーナスまで。これはやばい。昨日調子良かったサミーを居そうなポイントに入れると「ガボッ」といい感じに昨日とサイズが違うサラトガ。走って水面を割ってでるサラトガはなんとも言い難い綺麗な固体でこれはハマリそうな予感が。

釣れたのは60cm+のサラトガ、残念ながら記念撮影は。。
朝から気持ちのいい一匹で俄然やる気に。

その後もいい感じのリリーパッドを狙ってルアーをキャストするとさっきよりもとんでもない奴が出て痛恨のラインブレーク。やってはいけないと思いつつも完全にやられてしまった。。。
その後もまたラインブレークで、いきなりボルンバのサラトガの奥知れぬパワーを体験してしまった。

その後は相棒にもヒットしてこれはランディング成功。そして、撮影はなくすごいブーイングを食らったけど、カメラが壊れたから釣れたという事に。

今回は一泊で夕方・朝と両方やってみたけど、釣り易く魚のコンディションもいいからこれはまた近々行きそうな予感が。


posted by たかお at 09:43| Comment(0) | オーストラリア淡水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。