2009年01月13日

ボルンバ・その2

ここ数年すっかり海水・汽水の釣りにハマってたけど、前回の釣行で改めて淡水の楽しさを感じ、気が付けばまたボルンバ。

今回は太めのリーダーでやる気満々。

昼過ぎにキャンプ場に着きテントを張って早速釣り。
初日に向かったのは支流の手前にある入り江でティンバーとウィードがほどよくある感じのお気に入りポイント(いい型をまだ釣ってないけど)。

同行のT氏はポッパー、そしておれはペンシルと両方反応を見ることにした。が、ポイントに入れても反応が渋い。やっぱり休みの間の釣り人でプレッシャーが上がったのか。。

にしても反応が悪すぎる。

結局この日は二人のボウズ。ちなみにT氏とは釣行三回目になるが、未だにボウズ。記録更新かな??

次の日、気合を入れて朝一にボートを浮かべる。今日は支流に入って大きめのサラトガとバス狙い。

ティンバーの多いボルンバは正直ポイントだらけでどこで始めたらいいのかが分からない。。

とりあえず中間地点からスタート。
で、スタートを切ってから数時間、相変わらず記録更新。
釣れない。。。今後一緒に釣りは控えようかなと思った時にやっとヒット。クリアーのサミーにきたのは38cmのボルンババス!しかも何年振りだろうバスを釣ったのは。bass.JPG

やっとのヒットで安心したせいか、すぐに二匹目がポッパーにヒット!今度は大きいと思った魚はいいサイズのシルバーパーチ46cm。perch.JPG

が、T氏は相変わらず記録更新中。。そんな中、上手くポイントへ入ったペンシルにヒット!40cm+のいいサラトガ!T氏にとっては初サラトガ!この一匹目の嬉しさは分かる。saratoga1.JPG

その後は日も昇り水温が高くなってサラトガの活性も上がる。T氏に再び同じサイズがヒット。
そして、今回初のサラトガにやっと出会えたのはティンバー手前。アクション後ポーズでズボンッ。でかい!と思ったサラトガは63cm。このサイズになると迫力が出てくるサラトガ、、80cmオーバーって一体どんなだろう。。。saratoga.JPG

二人ともサラトガを釣って満足し今回の釣りはここで無事に終了。
今回の釣行でバスとシルバーパーチの反応があったから今度はこの2種を狙ってみるのも面白そう。

posted by たかお at 20:25| Comment(2) | TrackBack(0) | オーストラリア淡水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ナイスフィッシュ。

シルバーパーチの46cmデカイね。

淡水は楽でいいよね。

海水は美味しいけど。

Posted by YOSHI at 2009年01月13日 21:22
そうだね、淡水は海水と比べて楽かも。
最近、海水でいい思いをしてないので当分は淡水を楽しんでるかも。。
Posted by たかお at 2009年01月13日 22:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。