2009年03月09日

プルプルがサラトガに!!

先週の親子ボルンバから帰ってきて、当分ボルンバはお休みしようかな、と思った矢先に嫁と二人で↓

http://tv.shimano.co.jp/movie/tv/paradise_13/

を見てしまって、二人で「行っちゃう?笑」って事で一昨日・昨日と一泊でまた行って来ました、レイクボルンバ。
釣り番組見ると駄目だねぇ、ついつい刺激されて当分はおとなしくしてようと思っていたにも関わらず、変に家から近いから来てしまう。。嫁とは、まだ新しいテント使ってないし、丁度いいんでない?みたいな二人で言い訳を作る始末。

いつものDeer Parkについて早速テントをセットして昼の2時には湖の上。tent.JPG

週末のせいか、湖は人だらけ。ほとんどが家族連れでジェットスキーや水上スキーを楽しんでいる。30分車で走れば綺麗な海がすぐそこにあるのに、、なぜボルンバ?と思うが、まぁそれは人それぞれって事で。

前回はボウズのおれとあまり釣りができなかった嫁は何気にやる気満々。いきなり支流の奥まで行こう!と飛ばすが、途中で気になるポイントでキャストしたくなって船を止める、そう結構優柔不断な自分。

で、いきなり嫁にヒット!が乗らない、、その後5回目のチェイスでやっとヒット。バレルんじゃないかなぁと思っていたらすんなりとランディング、あれ笑?すごく大きくはないが綺麗な魚体、久しぶりのサラトガに嫁はニコニコ。始まってものの数分でサラトガを仕留めた嫁、、先週おれは二日もやってボウズだったのに泣、、、。saratoga K1.JPG

一匹獲ったので奥までポイント移動。基本、支流のどこでもサラトガはいるが、この奥のポイントは雰囲気+過去に良い・苦い経験をしたポイントなので、必ずくるところ。静かにポイントに入ってキャストをするとまた嫁にヒット。そしてこれもすんなりランディング、、あれ?
調子に乗った嫁はそんなおれに「掛かってから竿を低くして巻くとバレにくいよ」とアドバイスまで。おれは営業スマイルを作るので精一杯。。saratoga K2.JPG

その後もポイントを攻めるが途中で前にオージーが入ってた更に奥のポイントが気になり、ちょっと行って見ることに。入り口は幅2mくらいの狭い支流、広いところで3〜4mくらい。いかにも大物がでそうな雰囲気。そんな中、何もない場所にポンと一本の大きい木が立っているポイント発見。これは!と思ってキャストすると木の真横に着水、ポーズ、小さくアクションを入れてまたポーズ、サラトガがいると来ますよね、こういった動きのルアーに!

奴がルアーの下に見えた瞬間、あまりの大きさとサイトの興奮で腕がプルプルッ、PEラインの感度の良さはそのままそのプルプルをルアーに、ルアーがプルッと動いた瞬間にサラトガはいきなりUターン。
「ああ゛ぁぁぁ」痛い、、、その後も何回か誘ってみるけど、完全に見破られてしまった。
なんてこったい、、おれが横で見ていたらきっと「竿プルプルいってまっせ!!」っと突っ込んでいたかも知れないくらいのプルプル具合はこの日の一番の失敗は言うまでもない。

気を取り直して更に奥へ行くと一気に幅10m+の支流が出てくる。この支流まで入りづらい事もあるせいかきっとここはほとんどの人が来ない場所、穴場みたいな場所かも知れない。本当に静かで、周りの木々が風をブロックして聞こえるのは鳥・虫・そして牛達の音くらい。水面には周りの風景が鏡みたいに映っている。釣りなんて辞めて昼寝したくなるような静けさに嫁はすかさず昼寝モード。おれはと言うと、さっきのバレが後味悪くてちょっとダルダルモード。。。yabba creek1.JPGyabba creek 2.JPGyabba creek 3.JPG

すっかり雰囲気にやられてプカプカ浮く事数時間、、。暗くなる前にちょっとバスを釣りに行こうって事で支流を出た。
風はあったけど、ほとんどべた凪の湖上を終了時間が近いので全速力で船を飛ばす。

ここでたかおからのワンポイントアドバイス!飛ばす時は浮かれてないで、飛んでしまうような軽いものを確保してから飛ばしましょう!
あれ?と思った頃には時既に遅しです、、昼間暑かったので脱いでいたお気に入りのコロンビアの服が「な゛〜いッ」。
周りは薄く暗く、もはや探す余地もない状態で服はボルンバにあげる事に。

完全燃焼?バスは諦めてキャンプ場へ帰った。キャンプ場へ帰ると、昼間凄いBBQとビールを飲んでいたオージー達は更にすごいBBQとビールの数を飲んでいた、君たちはどこまで呑んで食うんだ、、。それ以外のアクティビティをしている気配が全く無い。まぁ、それも人それぞれって事で。

うちらは夜バスを食う予定だったが、予定がずれたので次の日の昼飯用のカレーとBBQで鳥を食ってそそくさと寝る。このキャンプ場の便利なところは共同の電子レンジがついているところ。キャンプでは反則かも知れないが、忙しい・面倒くさい時にはこのレンジはかなり重宝する。ものの数分でカレーが食える笑!しかも準備+洗い物が少ない!

翌朝、夏が終わろうとしているのか、この間よりはグっと気温が落ちて、周りにはすごい量の霧。夜乾かしていたズボンは露でビッショリ+昨日長袖の服をボルンバにあげたので、今朝はパジャマ姿で釣り開始。ここまでアットホームな服装で釣りをするとどうも気合が入らない汗。。やっぱり格好は大事ですな。borumba morning.JPG

朝一発目はやった事のないポイント(支流の手前でバス狙い)でルアー回収間際でヒット、なんかしっくりこないが、無事ランディングしてリリース。takao pajama.JPG

さっさとポイントを諦めて奥に入るが、昨日と違って水温が低いせいか反応がいまいち。魚は見えているのに、全然口を使ってくれない、完全にルアーがバレてる。終いには魚探に映っている魚を仕留めようと試行錯誤するが掛からず、、ムキになって投網を投げそうになったけど淡水の投網レギュレーションを把握してないのでそれは遠慮しといた、ラッキーな魚達め。。

結局、おれの朝一発目の予定外の一匹以外は0。湖の雰囲気を楽しんで、早めに切り上げた。やっぱりY氏の言うように、ここは一泊ではなく、2泊くらいが丁度いいのかも。。






posted by たかお at 10:33| Comment(6) | オーストラリア淡水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ラインからルアーまで伝わるって、
どんだけプルッてんねん(笑)

あと営業スマイル、キター!
そこが釣師の辛いところよ。

嫁爆釣はオレも昔似たような経験がある。
しかも、オレのときは嫁ボートの後ろだったし・・・(汗)
Posted by YOSHI at 2009年03月09日 12:42
でしょ?ルアープルった時はおれも焦った、感度良すぎ笑。
後ろでバシバシいかれるのは辛いね。
まぁ、釣行で誰かが釣ってくれるのは嬉しいって事で!嫁がバラした時には思わずやった!っていったらかなりブーイング食らったよ。
Posted by たかお at 2009年03月09日 14:15
嫁ってなんで夫そっちのけで釣ってしまうんですかね、、、(笑)。
うちもたまに一緒に行くと絶対嫁の方が釣果だしますもんね。
ルアーだけでなく人間も見切っているのかもしれませんね、、、。
おそろしや、、、。
プルプル最高です(笑)。
Posted by おさむ at 2009年03月09日 14:34
マグロ話し凄いねぇ、実はスピットに出るか、ボルンバ行くかでだいぶ迷ってボルンバにしたんですよ。
うちの嫁は冗談抜きに本当に釣るんで、油断するとやられます、っていつもやられてますが。ちなみにヒラマサも10kgのを釣られて、まだその記録を抜くことができません泣。。
プルプルには要注意です、特に繊細な釣りをされる際には、これ大事。
Posted by たかお at 2009年03月09日 15:02
SHIMANOの動画これだ!オレがテレビで偶然見たやつ!
こんな環境が車で行ける距離にあるのはつくづく羨ましいっ。
パジャマで釣りできる箇所多分ないよ。
まだ日本は寒いので暖かくなったらどこか繰り出してみようと思う。市ケ谷駅にある釣りぼりかな(^^)
SHIMANOで思い出したケド、大学新卒採用でSHIMANOの釣具開発部を受けたんだけど筆記試験が超難しかった。
もちろん一発で落ちたよ。SHIMANOの社員は優秀なハズ。
あり得ない位難しかった(泣)


Posted by UDA at 2009年03月10日 11:35
パジャマはなかなかのマッタリ感だったよ笑。
市ヶ谷懐かしいね、昔よく釣りに行って回数券みたいなのもらった記憶が、結構合わせが難しくてハマった。
SHIMANOの開発部なだけにマニアックな内容だったんでは?サスペンドの比重とか、、理想のガイド数とか、絶対教材に載ってないようなのが出そう。。
Posted by たかお at 2009年03月10日 17:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。