2007年01月05日

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。2007年もみんなにとって良い年(良い釣り)でありますように、今年も宜しくお願いします。

さて、休みに入ってから毎日のように釣り釣り釣り。勿論釣り納めも初釣りもしました。おかげでブログに更新もできず、やっと天候が悪くなった今日釣りを休憩してブログを。

休みの間釣りは毎日(沖・内海)と共に釣りには出ていたが、何せ天候(季節の変わり目?異常気象?)が落ち着かず夏だってのに気温は25〜26度。。寒すぎる。。。例年なら30度近くは上昇するのに、、おかげで青物含めて色んな魚の反応が違う。。

そんな中でも去年(2006年)の釣り納めで一番記憶に残ったのは年末にトローリングに掛かったブラックマーリン(和:シロカジキ)推定30kg+。実に約一年ぶりの再会でかなり嬉しい一本になった。最後に逃した50kgクラスのブラックマーリンから悶々としていたものがフッと消えた瞬間だった。もともとトローリングは進んでやる方ではないが、やっぱりブラックマーリンに会えると嬉しい。あの豪快なジャンプと走りを味わったアングラーがトローリングにハマル訳が分かる。12月のゴールドコースト沖はこんな小型のカジキがベイトを求めて南下してくるらしいが今年は当り年(この異常気象?のせい)らしく幾つもの船で50kg〜100kgクラスが上がっているらしい。
takao and blackmarlin.JPG

それ以外に自分の船でも釣りはしてみたものの、エレキのない状態での船の操作に悪戦苦闘。エレキ無しだとこんなにキツイんだと改めて思った(エレキに慣れすぎ??)。だからほとんどはアンカーを入れて餌釣り(餌釣り用に買った船でないのに、、、)まぁ、潮が緩かったら流しながら釣りとかは勿論できるからいいんだけど。自分の船ではジャンピンピン(船で往復2時間30分)も行ったし、シーウェイでも流してみた。写真はシン君とヨウイチさん。
yoichi and.JPG

そして年末ように釣り人たかおとタイキ君が用意した魚5種(シロカジキ・ヒラマサ・歯鰹・シマアジ・パールパーチ)をシェフのシン君が見事に調理してくれた。やっぱりこの釣り人+シェフのコンビは強い!オーストラリアなのに日本にいるみたいな気分を味わえた年末だった。シン君・タイキ君お疲れ様でした!
moriawase.JPG
全部魚料理だった年末。

釣り納め・食い納めもできて2006年は本当、いい年だった。
今年2007年は更にみなさんにとってもいい年でありますように、そして良い釣りを、、。
posted by たかお at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30858349
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。