2009年06月20日

旧友との再会

週末にかけてウネリがでてきたゴールドコーストの海。
今回は昔にゴールドコーストに住んでいたS氏が久しぶりに帰ってくるということで一緒にシーウェイへ。

この間までハマッたカサゴを釣りたかったけどウネリの為今回はシーウェイ河口付近で釣りをする事にした。

日の出とともにチラホラとライズが。なんとなく歯カツオの予感がしたがビンゴ!そして日が昇るにつれてナブラ!歯カツオ入れ食い♪
S.JPG

その中になんとGTもまざっていた。小型だけど、やっぱりGT、なかなかの引きで。GT190609.JPG

散々歯カツオで遊んだあと、違う魚種をもとめてシーウェイの中へ戻って餌釣り。

予想以上に当りがなく釣れるのはマオリーコッドというハタの仲間?maoricod190609.JPG
小さいのですぐにリリース。大体、45cm以下はリリースのマオリははっきり言って獲るなっていってるようなもの。。

結局期待の鯛は釣れなかったけど久しぶりにS氏とのセッションは楽しい釣りで終った。またGC来たら連絡ください!




posted by たかお at 21:39| Comment(4) | ゴールドコースト釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

ゴールドコーストの赤いサソリ

ここ最近のマイブームはゴールドコースト沖の餌釣りで赤いサソリ、レッドスコーピオンフィッシュ、日本で言うカサゴに近い魚なのかな?を狙うこと。

始まりはうちのボスの一言、「青物とかでなく鍋にできる根魚が食べたい!!」

なので、、ゴールドコーストもすっかり冷え込んで魚にも脂が乗ってるし、海もだいぶ穏やかになったことだしってことでGC在住のM氏と早速ゴールドコースト沖へ。

まずは餌用のアジ・サバをサビキで。
これは毎回の事だけど、入れ食い♪
aji.JPGgomasaba.JPG
以外にハマってしまうのでちゃんと時間を決めて釣らないとあとで凄いことになるのがこの釣りの難点。ただ今回は2家族分の食料ってことでたっぷりアジとサバをゲット。

その後は奴の居そうな根を探して、釣ったアジ・サバの切り身を落とすだけ。すると、以外と反応よくM氏がこの日の一匹目を釣る!
redscorpion1.JPGredscorpion2.JPG
レッドスコーピオンフィッシュ(赤サソリ魚?)ってオージーは呼んでるけど、どこがスコーピオンかは知らんが、カッコイイのは間違いない。日本のカサゴと比べると、赤色が明るい感じ?このイカツイ鎧がたまらない。。
オージーはみんな釣っては逃がすので何気にポイントに入ると、普通にいっぱい居ます笑。

そしてこの釣りの楽しいところはカサゴ意外に釣れる魚、シマアジから鯛からと様々でまさにGCの五目釣り。mix bag.JPG

だいぶ久しぶりの沖での餌釣りにすっかり気に入ってしまって、今日もM氏と出動。

そして、今日もべた凪でカサゴ釣り。seaway.JPG

サビキでタダの餌をゲットして釣るわけだからなおさらホクホクした気分になるこの釣りって当分はまりそうだけど、凪限定な為、次はいつ行けるか。。

今回はM氏家族とで釣った魚達を手巻き寿司でやっつけて、サソリは定番の煮物と味噌汁。。アジは嫁のお気に入りのナメロウ。サバは前にチャーター船のキャプテンに教えてもらったムニエルにしたら何気に旨かったし、なんと言っても、定番のしめ鯖もナイス。食べるのに夢中で、、写真忘れた。。namero.JPG

当分大丈夫だろうと思って釣ってきた魚達は二回の食事で全てなくなり、今は天気予報をみて次回を計画中。。。

posted by たかお at 22:39| Comment(4) | ゴールドコースト釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

テーラー大会でタコ。

土曜日、いよいよテーラー大会。
釣り開始は12時過ぎに受付を済ませた順なのでとりあえず会場まで向かう。途中、こんな垂れ幕まで。。sign.JPG

今回の釣り場は通い慣れているスピットで同じ初参加のM氏と釣りをする事にした。。ガターがいい感じに目の前にある場所を陣取るが、この時点ではまだまだ余裕の二人。spit.JPG

さて、毎年のことなんだけどこの季節になるとどこから沸いてくるのか、凄い数のアジア人がテーラーを狙いに来る。そんな事を予測しての早めの場所取りなのだが、、彼らにはそんなのは関係ないらしい。
暗くなるにつれてその数は増え平気で割り込んでくる彼らは気が付いたらすっかり囲まれてた笑。

で、一人がテーラーを掛けてからが凄い。みんな必死にキャストするわけだが、これがひどいキャストで、、こっちの投げる場所がないくらいに左右から平気でクロスしてくる。そんな彼らにイライラしながらなんとか一匹テーラーをキープしたものの1kgあるかないかというサイズでとても上位を狙えるような大きさではない。

今日は北風+凪もあってテーラーには不向きな条件なのだが、このアジア人のおかげで最強のタフコンディション。
さすがに根負けしてM氏に場所移動を提案。移動先は勿論アジア人がいない場所、、あぁ、なんて平和なんだろう笑。

もう釣れなくていいからこのアジア人達から逃げたい!の一心だったに違いない。場所は移動したもののアジア人にすっかりやられたおれはもう既にテンション↓↓初日は夜11時に釣り終了。。軽く二度とテーラーシーズンはスピットにこない事を誓ったり。。。

日曜日、気を取り直して前回見つけたポイントでポッパーで攻める。morning view.JPGが、またしても反応なし笑。昨夜あんな経験しただけに、キャストできる喜びでもうテーラーは二の次みたいな。。存分にキャストを楽しんでポイントを開拓しているうちに足元で妙な動きが、、タコ?
と思った瞬間、タコもこっちに気が付き岩に逃げ込む。
で、逃げ込んだ岩の前にジグを垂らしたらまんまと抱いてキタ〜!

今大会二匹目、、タコです。octopus.JPG

タコかかって変に満足して朝8時に釣り終了。

大会会場に着くと、みんな計量してて中には良方のテーラーを持ち込むオージーなどが。さすが常連達、この条件の中でもしっかりとテーラーを持ってくる。weighin.JPG
おれもそんな彼らに交じって、満面の笑みでタコ差し出したら一瞬で却下された笑。どうやらタコの外道賞はないらしい笑。でもみんなうけてたからいいか。。

さて、今回は大物賞も狙えなかったという事であとは期待の抽選で当る船賞なんだが、これは抽選が3時にあるって事で、M氏とひたすら飲んで待つ事に。いやぁ、仕事の後でないけど、釣り終わって朝から飲むビールはタマラン。。

で、気になる大物賞なのだが今回の大物賞は3.5kgのテーラー。なんだかんだ言って、みんなちゃんと大きいテーラーを釣ってきている。レディースの最高は2kg+だったし、ジュニア部門も2.5kgとみんな良い型ばかり。あと今回はなんといっても、大会には出場してない人からのエントリーされた5.6kgのテーラー!これは本当いいサイズだった。勿論、大物賞には入らないが、オークション用に大会に寄付されたらしい。写真の手前のほうに見えるのが今回の大物賞をとったテーラー。weighin fish1.JPGweighin fish 2.JPG

こうしてみんなが釣った魚は大会でオークションという形でみんなに売って、お金はチャリティーとして使われるらしい。
で、早速最初の魚がオークションにかけられる訳だが、
最初に誰かが値段を出すわけだが
客「$10!!」
って言ったと思った瞬間、、
オークショナー「SOLD!!」
えぇ〜、、いきなり?って普通それで$15〜とか$20〜とかって値段が上がるはずなのにいきなり最初の提示金で売るなんて、オークションじゃないじゃん、、と思いきや、どうやらこれは客に気を引かせる為らしく、案の定、そのあとはオークションはスムーズに。
これが予想外に売れる売れる。確かに鮮度は良いのは分かるけど、買う人のほとんどが釣り人なわけだからあんまり買わないとおもいきや、チャリティーっていうせいもあるのか普通に売れる。auction.JPG

で、オークションの合間にはラッキードローでちょっとした参加賞?みたいなのが抽選で当るのだが、賞品は様々で釣り具から商品券などがあるのだが、、みんなが呼ばれているのを眺めてたら、いきなり呼ばれたよ笑。

ドキドキしながらもらった賞品は、砂浜で使えるしかも伸びるロッドホルダー、しかもメッチャカラフル、、、、汗。rodholder.JPG
おれにまたビーチへ戻れと?
ビーチが嫌で桟橋に行ったけど、どうやらこのロッドホルダーで出直して来いっていう意味らしい笑。余裕で捨てるに捨てれないものランキングに入った賞品。。

とまぁ、こんな感じでダラダラと6時間、、やっとメインの船賞なんだが、今回は残念ながら当らず。。prize boat.JPG頭の中では当った後、ステージでの一言から、家のどこに停めようかまで考えていたのに。。。

でも、嫁の言った何か持って帰って来いは、、なんとかタコ+竿たてでセーフ?

posted by たかお at 00:08| Comment(6) | 釣り大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月30日

大会会場の下見

と、いう訳でCABARITA BEACHまで行って来ましたよ。。
ゴールドコーストに10年近くも住んでいるのに未だに行ったことのないビーチ。

大会の担当者、Bevenの経営する釣具屋はCabarita Beachにある、という情報だけで地図無しで行ってみたら、以外とあっさり見つかった。。小さい街だからきっと店も少ないからすぐ見つかるだろうと予想はしていたもののこんなに簡単に見つかるなんて。。

で、Bevenに会ったのは勿論自分の自己紹介だけではなく大会に向けての情報収集。やっぱりルアー・餌といろいろだけどダントツは餌でしかもBonito(歯カツオ)の切り身らしい。しかも値段を聞くと、20cmほどの小さい歯カツオ4匹で$20らしい。
これは、大会も熱いけど餌用の歯カツオ売ったほうが熱いのでは?っていう値段。この間のシーウェイではいらないってくらい釣れてたのに、、もっと釣っておけば良かった笑。
そしてBevenのお気に入りワイアーリグを伝授してもらった後は現場の下見って事で早速ビーチへ。

感想は、、ただのビーチです。丘が南の方に位置するだけでただのビーチ。south view.JPG

そしてこれは北に向かってみたビーチ。north view.JPG
見た目じゃ、分からないって事で、この間ゲットしたウェーダー・ベストの完全装備で水の中へズンズン進む。あんまり行って波を受けるといけないので膝くらいの場所でジグをキャスト。
一投目のキャストでいきなり思った、、やっぱりビーチからの釣りって好きじゃないかも笑。。

昔っから何回も投げ釣りなどに挑戦はしたもののやっぱりビーチからの投げは好きになれない。そんな事を考えながら油断してキャストしていると、、ビーチの必殺、、セット波が来てウェーダー着ているのに上半身まで波に被れる始末。。正直これがあるからビーチからの釣りは好きじゃない。。
これを暗い真夜中にやるって想像しただけでいきなり大会辞退しようかなってなったくらいブルーな気分に。

すぐにビーチを上がって、Bevenのところまで逃げ込むように戻って、「このビーチで釣りしないと駄目??」って聞いたら、あっさり「どこでもいいよ!」と、なんだよ〜、それを早く言ってくれ笑。
どうやら、会場はCabarita Beachなんだけど釣り場所はどこでもいいらしい、ここら辺が結構オージーらしいっていうか。
本気のアングラーはEvans Headまで行って釣りをするらしい(毎年良い型のテーラーが釣れている有名ポイント)、結局、翌日の軽量9時までに間に合えばどこでもいいらしい。

って事で今回の大会はビーチからの釣りは却下!
新たにビーチでなくてもテーラーの釣れるポイント探しへ。。
posted by たかお at 22:23| Comment(6) | 釣り大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月27日

ボラ料理・蒸し物編

先週からの悪天候でここゴールドコーストでは海も時化ってとても釣りどころではなかったが、昨日からやっと波も落ち着いてきたのでブリスベン在住のT氏と久しぶりにシーウェイへ。

毎年の事だが、こういった悪天候の後はたいがい良い型の魚が出たり、普段見かけない魚が釣れたりするから前日から既に興奮状態。

案の定、寝不足で今日の釣りはスタートした。
朝一のナブラを期待してシーウェイ河口で待つ事10分、そして30分、そして1時間、、と待ってもナブラの気配無し、異常無し!
魚探にはしっかりベイトが写っているのにそれを追いかけるプレデターが居ない、、、これ釣れない時のパターンで。。

しょうがないのでワームで底釣りを始める自分。完全に釣れないモードでダラダラしてたらワームにヒット。あまりの変な引きに何がかかったか分からないままファイトして上がったのはダーツ!尻尾にワームが掛かってた為一瞬大きいか?と思ったけど、型の良いダーツで。

ダーツならきっと波の崩れた後にもまだ潜んでいるはず、という事でY氏と完全ダーツ狩りモードへ。
早速Y氏のルアーにも良型ダーツがヒット。
入れ食いまではいかないが、ちゃんとルアーを動かすと反応を示してくれるダーツに二人ではまる事1時間、、そんな中自分のジグに変な当りが。。。ダーツとは違う重み、、これはテーラーか?と思ったのは腹にジグが掛かったボラ。。mullet.JPG

今日はなぜか背掛けが多い一日で。

久しぶりのボラなのでキープ!水面を見ると、何気にボラの群れが泳いでいる、、って事はそろそろボラのシーズン?

ダーツとボラのおかげで二人ともボウズは免れたけど、いやぁ、渋い一日で。。早くこのウネリ消えないかなぁ。。

で、今回のボラは嫁が中華風蒸し物に!そこに白菜を敷いて上にボラの切り身を乗せてその上に切った生姜、そしてまわりにはマッシュルーム(しいたけがベスト)・セロリ・トマトで後は蒸すだけのシンプルな料理がなかなか旨いので是非。
steam mullet.JPG
香港風の蒸し物と違ってアッサリのこの蒸し物はボラにぴったりで嫁には「これなら釣りに行ってもいいよ」と。
う〜ん、確かにもっとルアーに掛かる魚だったらなぁ。。。

posted by たかお at 22:33| Comment(6) | ゴールドコースト釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

アルミボート改造・最終編

去年アルミボートを手に入れてからフロアや小物の取り付けなどをして、もういじる所はないだろうと思っていたけど、何気にずっと座り心地が気になっていたので、先週ついにイス買ってしまった。

思い切った買い物の為、実はまだ嫁にも知らせてない汗。。
けど、買ってしまったのでやはりすぐに取り付けたい!って事で嫁が昼寝をしている隙にガレージでこっそりとDIY(Do It Yourself)。

アルミに取り付けるイスのタイプは上から被せるタイプが一般的だけど、既にフロアを敷いている為、今回はベンチに穴を開けて取り付けるタイプで。

なのでまずは大胆にベンチの真ん中に穴をあけ、そしてネジ6個でプレートを固定。ここでいきなり大失敗。plate hole.JPGplate.JPG

写真では分かりにくいと思うが、ベンチは上からしかアクセスできないので、ネジは上からねじりっぱなしとでも言うのか、要はベンチに小さい穴を開けてそれにネジをいれていく訳だが、ネジのサイズだと穴は4mmで丁度いい所を勢い余って5mmで。。。勿論、ネジは余裕で入る訳で、、全然固定された感がない訳で。。

まぁまぁ、DIYにはこういう失敗はつきものって事で、後で溶接でもして完全に止めようと思って、今度は後部座席に取り掛かる。
もう、失敗した後だから手順が分かるっていうか、今度はしっかりと4mmで穴を開けたら綺麗にネジが締まって、プレートの固定に成功。

後はイスを取り付けて完成!!
chairs.JPG

で、今日溶接屋に行って、問題のプレートを固定してもらおうとしたら「ステンレスとアルミの溶接は無理だよ」とニヤニヤしながら言うトニー(溶接屋のおやじ)

結局、、プレートずらしてもう一度やり直せばって事で再度DIYをする結果になったが、まぁ、良しとしよう。

posted by たかお at 14:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月12日

テーラー釣り大会

ゴールドコーストが冬になると毎年のようにイカとテーラーを追いかける自分。
釣って良し食べて良しのテーラーは個人的にかなりランクが上の魚でテーラーのおかげで嫌いな冬もそこまで嫌いではない、と言っても過言ではない、そのテーラー専門の大会??

結構マニアックな大会なだけに、ずっと気になってたものの参加するまで至らずで何年か経過。が、なぜか今年は気になる!!

って事で電話して問い合わせてみると、何気に熱いじゃないですか!!

今年で25周年を迎える大会、1年目は数名しかいなかった参加者、しかも本命のテーラーは釣れてなかったらしい、が今では結構な規模になっている。いろんなスポンサーの協力のもと賞金と賞品は年々豪華になり、特に大物賞は賞金$1,500+賞品という、これはゴールドコーストのコチ大会以上??
しかも2番目に大きいテーラーにも賞金$1,000が出るらしい!

いやぁ、最近稼ぎも悪いし、ここで頑張ってみるかな?

大会の詳細はこんな感じ、

6月6日土曜日
- Beach Permit on Sale 11am-6pm
- Fishing License Sale 11am-6pm
- Sign On 12noon-6pm (No Fishing until Sign On)

6月7日日曜日
- Weigh In 9am Sharp
- free Competitors Breakfast 6am-10am
- Seafood/Meat Raffles 9am-6pm
- Competitors Entry Prize Draws 10am-3pm
- Presentations 12 noon
- Fish Auction 1pm-2pm
- Major Prize Junior & Boat Draws 3pm
- Live Band 3pm-6pm
- Fireworks 6.30pm
- Live Band 7pm to late
- Food & Drink Available all day

で、気になる参加費は大人$25で16歳以下は$15となんとかなり安い!!しかもこの値段で日曜日には朝食まで!

賞金の話しをしたら嫁からはすぐにGOサイン♪
何かは取って来い!という条件付きだが。。
posted by たかお at 22:45| Comment(2) | 釣り大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月30日

マグロリベンジ

先週末に待ちに待ったマグロ釣り。
今回はゴールドコーストメンバー3人とブリスベン1人の計4人で参加したが、結果はゴールドコースト釣り師、R氏の一人勝ち?
一人で爆釣してました笑。long tail.JPG

当日の条件は良い方ではなかったが、チラホラとナブラを見つけることもできたが何せタイミングが難しい。

ガイドの人も頑張って寄せてくれたが食わせるまでがなかなかの釣りとなった一日だった。食わないわけではない、現にR氏はマグロ+カツオまでかけていたから。

まぁ、そんなこんなで自分は小さいカツオ一匹で終った釣りだったが、ガイド付きもあって本当勉強になった釣りチャーターだった。

で、ガイドにいろいろと教わったあとはリベンジって事で昨日行って来ましたよ、日帰りの無謀なリベンジに今回付き合ってうれたのはいつもの釣り友、T氏。
って、誰かさんがドタキャンしたっていうのもあるんだけどね、今だから言えるけどドタキャン正解?

当日は先週と違ってほぼべた凪、そして風もないというここ最近では珍しいコンディション。
が、鳥がいない!!ナブラもない!!!

あまりの静けさに結局後半はナブラを探しながら流そうってことで大きめのミノーを流していたら、マッカレル(サワラ)がヒット〜!
良い型だったけど、なぜかあっさりとランディング。spot.JPG

この日はこの一匹で終了。リベンジ一回目は場所に慣れるって事で。。
さてさて、次回はいつかなぁ。。。。


posted by たかお at 22:30| Comment(8) | キャスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月27日

シーウェイ鯛

ここ最近調子が良いゴールドコーストのシーウェイ。

朝からカツオ・トレバリー・テーラーのナブラがそこら中に見られジグをキャストすると入れ食い状態。

行く度に違う魚が遊んでくれるからその限りないポテンシャルに今回もついつい。

今回は釣り友でもあるN君とNパパと三人でシーウェイを攻める。
朝一にジグをキャストすると小型のテーラーと歯カツオが面白いようにかかる。

ある程度日が昇るとナブラが消えたので今度は餌釣り。この間真鯛を釣っているオージーを見たから釣れるといいなぁ、と思っているとNパパに凄い当り。結構な引きにNパパも思わず慎重になる。切れるかなぁ、と思ったけど、なんとか水面まで上げてきたのは、なんと真鯛50cm、しかもでかいし、、マジで釣っちゃったよこの人笑。

思わずNパパと握手!そしておきまりの写真撮影タイム。さすがに、はしゃぎ過ぎたか、誰もいなかったポイントにオージーが続々と来る。
そう、実はいつものポイントにオージーが相当いたんで、誰もいないポイントでゆっくり釣りをしようと場所移動した矢先にかかったからそれを見たオージーは焦ったに違いない、エェ、そこで釣れるの?みたいな。実際おれもびっくりだったし笑。。snapper.JPG

良い真鯛が釣れてこれで今日は気持ち良く帰れると思った矢先にまたNパパに凄いヒット。竿がさっきと同じくらい曲がってるし。
マジで?また慎重にやりとりをして上がってきたのはでかいシマアジ。有りえないこのパパ。Ntravelly.JPG

そのあとにリーガルサイズのブリームを追加して釣り終了。
いやぁ、恐るべしシーウェイ。

写真は朝にバスベイトに食ってきた歯カツオ。bassbait.JPG

posted by たかお at 13:17| Comment(2) | ゴールドコースト釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

久々、寿司職人とセッション

先日、久しぶりにサンシャインコーストのM氏夫婦とシーウェイで釣りに行って来ました。
やく一年ぶりの釣り、午後になって風が出てきたけどなんとかなるだろうと思ってシーウェイへ。
今回はルアーではなく、カツオの切り身を使った五目釣り!

ポイントについて早速流すが、当り無し。。う〜ん、カツオは反応がいいはずだからきっと魚がいないんだと判断して場所移動。

場所を変えて仕掛けを下ろすとM氏の嫁さんにすごい当りが!本人もびっくりして巻こうとするが、ドラグが鳴ったままラインブレイク。。いやぁ、悔しいしメッチャ正体が気になる。。

気を取り直して投入するとまた大きな当り。今度は根から離す事に成功したが途中で魚が外れた。。本人は凄い悔しそうだが見ているこっちも悔しい!

そんな中、ふと海を見ているとなんかの生物が泳いでいる。最初はエイか海亀と思って見ているとだんだん船に近づいてくる。船まで2mのところで魚の群れというのが分かり(上から見たら黄色っぽかったので鯵の群れかと)急いでタモを群れの前へ入れると、、、アイゴがっつり!!20匹近く?こんな魚の捕り方したの初めてです笑。小さいのでリリースしたけど、これが全部鯵だったら。。。aigo.JPG

そんな珍事件の後、M氏嫁はまたヒット。今度もラインブレークかと思ったら、見事に釣りました、良い型のコチ!旦那はまだボウズ、、恐るべし嫁、もしかしたらこの船は女ひいきなのかも。。

が、嫁の勢いは止まって、今度はM氏に連チャン。食べごろのブリームを2匹追加。ここでやっと静かだったM氏も喋り出す笑。

そして今度はまた嫁にヒット!またまた竿がすごいしなっている、、なぜ?慎重にやりとりをして上がって来たのは良いサイズのブリーム。これにはみんなフィーバー!bream316.JPG

いい感じに当りもあって釣りを楽しんでいる頃、ふと向こうを見ると、あれ?なんかあの雲怖くない??しかも凄いスピードでこっちに向かってる。。やばい!!みんなに竿を上げてもらって撤収。。
なんとか嵐が来る前にボートランプに到着。改めて雲を見ると結構な威圧感。storm.JPG

今回は寿司職人のM氏もいるって事で釣った魚を捌いてもらってブリームは塩焼き+刺身、コチは薄作り、さすが盛り付けが綺麗。dinner.JPG



posted by たかお at 19:27| Comment(2) | ゴールドコースト釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。